西山寛紀×みちのく六歌仙「ひととき 純米シロ・ひととき ロゼ」

西山寛紀×みちのく六歌仙「ひととき 純米シロ・ひととき ロゼ」


発泡性清酒(スパークリング日本酒)以下、スパークリングSAKE「ひととき 純米シロ&ひととき ロゼ」を2020年3月13日より順次リニューアルいたします。

リニューアルにあたり、書籍、雑誌、広告等など様々な媒体でイラストレーションを手がける東京都在住のイラストレーターの西山寛紀さん(以下、西山さん)とコラボレーションいたしました。

コラボレーションした新ラベル版の「ひととき 純米シロ」「ひととき ロゼ」は、2020年3月13日から順次販売開始いたします。販売場所はWEB( https://yamagata-rokkasen.co.jp/contact/ )から直接お問い合わせいただくか、各販売店にてお買い求めください。

各販売店一覧

発売を記念してSNSとWEBページにて「ひととき」プレゼントキャンペーンを開催いたします。詳しくは下記「キャンペーンについて」をご覧ください。

「ひととき」について

時を刻む(一刻)という意味で命名され、『日本酒で乾杯』というテーマに合う軽やかに楽しめるスパークリングSAKEです。

炭酸ガスを加えていない「瓶内二次発酵」というスパークリングワインと同じ製法で作りました。グラスに注いだ際、舌触りなめらかな強すぎない上品な日本酒の香り、絶妙なバランスの甘酸っぱさが特徴です。

これらは蔵人の高い練度によって、「瓶内二次発酵」で醸したスパークリングSAKEです。

「西山さん×みちのく六歌仙」コレボレーションの経緯

「ひととき 純米シロ」が発売されて20年が経過し、その間に何度もスパークリングSAKEブームが訪れました。しかしながらテーマとお酒の特徴をまだまだ知ってもらっていないのでは?という声が上がりました。

そこでひとときのラベルリニューアルをきっかけに「日本酒の魅力」を知っていただこう、と模索していたところ、西山さんに出会います。「この人だったら表現してくれるかも!」と考えご相談することになりました。

西山さんが「ひととき」について思ったことをお聞きしました。

一口目で「あ、美味しい」と自然に感じるお酒でした。 スパークリングの炭酸感はそれほど強くなく、きめ細かい泡が上品で飲みやすい印象でしたね。色味も原料である紫黒米を感じ、贅沢な気持ちになりました。

制作にあたり、イラストだけが一人歩きして目立つのではなく、「ひととき」というお酒を飲んで味わいながら『山形にしみじみ想いを馳せるような印象』になれば良いなと思いました。

どんな人に飲んで欲しいか西山さんからのメッセージ

年齢性別問わず、お酒が好きな方や、僕のようにそこまでお酒に強くない方でも気軽に楽しめるお酒かと思います。ラベルに描いたように『大切な人と乾杯するようなお祝いのシーン』にこのお酒を選んでみても良いと思います。また、『普段の日常でリラックスしたい時』にもこのお酒を楽しんでいただけると思います。

SNS・WEBキャンペーンについて


概要:インスタグラムで「ポスター&ひととき2本セットプレゼント」キャンペーンを開催
要件:日本酒で乾杯している写真とともにハッシュタグ「#グラスで乾杯」と入れ投稿
インスタグラムのアカウントをお持ちでない方は、お問い合わせフォームからの応募可
期間:2020年3月13日~6月13日
当選:期間終了後、ひとときのイメージに近いものを10名選出
キャンペーンサイト、インスタグラムに掲載入選を告知
発送:DM・メールにて当選の旨を伝えプレゼントを発送
公式アカウント:@sake_rokkasen

商品詳細

▼ひととき純米シロ
原料米     山形県産米
精米歩合    70%
アルコール度数 8度
酵母      協会7号
内容量(価格) 180ml(税抜500円)・720ml(税抜2000円)

▼ひとときロゼ
原料米     国産米
アルコール度数 8度
酵母      協会7号
内容量(価格) 180ml(税抜500円)・720ml(税抜2000円)

商品ページ

http://yamagata-rokkasen.co.jp/hitotoki/

直販でのご購入

お電話(0237-42-2777)
もしくはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

西山寛紀(にしやまひろき)プロフィール

多摩美術大学大学院博士前期課程グラフィックデザインは研究領域修了。東京都在住。書籍、雑誌、広告等など様々な媒体でイラストレーションを手がける。

担当した仕事は東京ADC賞2019ノミネートやONE SHOW 2017 MERITなどに選出、プライベート作品はHB FILE コンペ 2018 副田高行賞、玄光社イラストレーション誌「ザ・チョイス」2015年度入賞などに選出される。

主な仕事に「&Premium(2019 JUN/マガジンハウス)」表紙および扉絵、「RunLink Journal (日本陸上競技連盟JAAF RunLink発行)」表紙および挿絵、「BOSAI DIVERSITY(Yahoo JAPAN)」、パトリシア・ハイスミス 「太陽がいっぱい(河出書房新社)」装画、「NHKテキストまいにちドイツ語2018年度」年間表紙、資生堂「Healthy Beauty Park 今週の12星座占い」WEBイラスト、JINS「こどもレンズ」広告、ミュージックマガジン「ALBUM PICKUP」扉絵、マネービバ(Powered by 三井住友銀行)WEB連載「天ノ川夫妻の事件簿」挿絵、資生堂「マキアージュ ルージュ ミニ」イラスト、ポール・オースター(アメリカの小説家、詩人)「サンセット・パーク」イラスト。